« 東京地裁だけじゃないらしい | トップページ | ナージャ考察・とか。 »

2004.01.29

結局南極意味不明

で、早かった地域からはひと月遅れて千葉エリアで最終回を迎えましたヤミと帽子と本の旅人ですが。
んー……なんか結局なにが何やらよくわかりませんでしたなあ。やっぱりゲームやらずにこっちだけ見てちゃわからんのだろうか。けど別メディアである以上本来はアニメが初見の人にもちゃんとストーリーがわかるものでないといかんと思うんだけどね。
まあ絵はすっごくよかったと思います。絵だけは。あの動かしにくそうなCARNERIAN女史の絵をあまり崩さずにちゃんと動かしてましたものね。
結局このアニメ、
・比較的安定していた作画
・深夜とはいえ地上波とは思えないえろえろシーン連発
という二点で保ってたようなもんですね。あとまあ声優陣もなかなか豪華でしたが。
DVDだの音楽ディスクだの、関連メディア買いたいんだけど販売がエイベッ糞だからなあ……少なくとも主題歌ディスクは欲しいけど買う意思ゼロです。レンタルして来て○○で○o○○○すれば十分。あたしゃコピーコントロールの発想には異論ないけど、その結果ユーザに不利益を与えるようなことをやりつづけるAvexの姿勢には我慢ならんので。

|

« 東京地裁だけじゃないらしい | トップページ | ナージャ考察・とか。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局南極意味不明:

« 東京地裁だけじゃないらしい | トップページ | ナージャ考察・とか。 »