« 雲のむこう、約束の場所(ネタバレます) | トップページ | だいぴんちっ! »

2004.11.21

ソフィーの動く姿(意味不明・ハウルネタバレ)

このエントリは最初 odateh blogさんとこへコメントとして書きはじめたものですが、ちょっと長くなっちゃったんでエントリ&トラックバックにさせてもらいました。

odatehさんも同じ市川妙典でご覧になってたようですが、混んでる時間帯があったんですね。
私10:30の回だったんですが入ったハコはがらがらでした。
なのにネット予約で席が決まってるから隣には他の人が。
あのe席リザーブ、空席が全部表示されててそこから選ぶ形式になるともっといいですね(劇団四季のチケット販売がこの形式です)。

ハウルに関してネタバレるので未見の人はここでさよならです。

確かに魔法使いたちがなに考えてるのかわかりにくかったですね。
よくも悪くも「絵本のアニメ化」ということなのかもしれません。

細かいことやややこしいことは省略。
荒れ地の魔女はハウルの追っかけ。
ハウルはとにかく世間を俯瞰したくてはぐれ雲してる。
サリマンはそんなハウルをどうにかしたいと思ってる。

……とか。やはり原作読んでみないとダメですかね。

それはそうと、サリマンは国を意のままに操ってるみたいなので、真のラスボス(笑)は彼女なのかも。
あと、サリマンの声の人が魔女宅の「スズキのパイ包み焼き」の奥様と同じなので、
「あぁ~奥様が、奥様が悪の宮廷魔術師にクラスチェンジしている~。するとあの犬がバーサなのかぁ~?」
とか思ったり(汗)

|

« 雲のむこう、約束の場所(ネタバレます) | トップページ | だいぴんちっ! »

コメント

ははは、荒地の魔女はおっかけですか。
こりゃ可笑しい。
しかし、やっぱハウルとサリマンの意図がどうも読み取れないんですよね。たとえ分かったとしても、それを裏付ける行動とか、意気込みとか表現するには、今の映画から相当時間を割かないといけませんよね。
結局女の子向けの恋物語だったのかな。
(それにしても「魔女の宅急便」のほうがちゃんとしてたぞ)

投稿: odateh | 2004.11.21 11:10

コメントありがとうございます。

まあ「追っかけ」というのは端折り過ぎですが(^^;
荒れ地の魔女は心臓にずいぶんとご執心だったようですから、初めてハウルに会った時にその特異性~カルシファーが守ってたということはその時点のハウルには(象徴的な意味なんでしょうけど)心臓がない?~に気づいて、ずっと彼(ひいては彼の心臓に関する秘密)を追いかけてたのかなあ、とか今考えつきました(笑)
いずれにせよ全然説明足りないのは確かですが。

投稿: ほしよ | 2004.11.22 11:27

自分も勤労感謝の日に、市川妙典で見ました!地元にあるって素敵…。
2館上映のせいか、埋まっていたのは半分ぐらいでした。穴場でイイかもしれませんね。

投稿: bamboohouse | 2004.11.25 21:59

コメントありがとうございます。

市川妙典はうちからの距離自体はけっこうある(車で約1時間……田舎住まいはこれだから(;-"-))んですが、いい劇場の割には混まないのでよく使ってます。まあ一時期行徳付近に住んでたからってのもあるんですが。

コルトンとかAMCイクスとか、近くにシネコンいっぱいあるから空いてるのかもしれないと思うと行く末がちょっとコワいところですね(^^;

投稿: ほしよ | 2004.11.26 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/2020914

この記事へのトラックバック一覧です: ソフィーの動く姿(意味不明・ハウルネタバレ):

» ハウルの動く城、ついに動き出す [〜ふぐ屋、風と共に去らぬ〜]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=200411 [続きを読む]

受信: 2004.11.21 08:43

» 「ハウルの動く城」 やっちまった・・・ [映画、音楽、本のコト ---odateh blog---]
<ネタばれご容赦m(__)m> 2004/11/21 ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典 いくつもの名作を世に送り出した宮崎駿(「みやざきはやお」... [続きを読む]

受信: 2004.11.21 11:02

» 『ハウルの動く城』自分流ハッピー解釈 [bamboohouse]
『ハウル』をハッピーな風に勝手に解釈! [続きを読む]

受信: 2004.11.25 23:09

« 雲のむこう、約束の場所(ネタバレます) | トップページ | だいぴんちっ! »