« 猫カード、到着。 | トップページ | 世界にとっては不幸(かも)だが、日本にとってはプチ幸福。 »

2004.11.04

ハイエナ連中ども

さて、残念ながら(つーかまあ当然の結果なわけですが)イラクで拉致られたバックパッカー香田氏は斬首されてしまったわけですが。
本人はまあ自業自得としても、一連の事件の間中、至極普通のコメントを続けていたご両親はほんとうにお気の毒だったと思います。
ほんとうに四月バカ三匹の親族や関係者の反日・反米左翼活動家どもがいかに傍若無人な「政治的」「思想的」対応を続けていたか、がこれで明確になったと思いますよ。

で、だ。
そのご両親がこんなコメントを出してるわけで。

「募金に利用しないで」 香田証生さんの家族

曰く、
・この事件をネタに募金活動をしないでほしい
・集会で写真をつかわないでほしい
・平和のための活動だけ行ってほしい
すごーく、まっとうなコメントだと思います。

で、そういうコメントをきれいさっぱりぶっちぎる連中も存在するわけで。

たとえば、「人間の盾」という名目の反米活動をやってた左翼牧師が宣伝臭ぷんぷんの訪問をおこなってみたり。
(そういや頭目が薬事法違反で逮捕されましたね。けらけら)
追悼集会とは名ばかりの反政府集会を開いてみたり。
(ピースがつく団体2つですよ)
こういう動きに呼応する通信社や新聞社があったり。
(共同通信・毎日新聞・朝日新聞・TBS・テレビ朝日)

ほんっと、日本て国内に声のでかい敵が多くて困りますわね。
具体的にどんな動きがあったか、については13Hzで稼働中!さんとこや、おとこのおばさんのところ、あとおとこのおばさん経由であんた何様?さんとこの記事をご覧下さいませ。

前にも同じこと書いたような気がするけど、こいつら反日活動家どもは「サマワ市民が自衛隊に感謝するコメントをしていること」についてどう考えてるんだろうか?
やっぱり「捏造だ!」ってことにしてるんだろうか。はたまた完全無視?
そういえば、サマワの自衛隊宿営地に迫撃弾が着弾したわけですが、それに呼応して「祝!ロケット弾着弾」とかぶっこいたとんでもないバカもいたらしいです。
ちなみに上のリンク先はGoogleのキャッシュ。もしかしたらそのうち見られなくなるかもしれませんのでどんなバカなことを書いてあったか転載しておきます。

祝!ロケット弾着弾
これでいかに頑固な小泉や政権党もビビルだろう。
人質見殺しに続くイラク人の報復は、やがて日本全土に小泉自衛隊派兵の罪を弾劾する大声となって鳴り響くだろう。
11月6日(土)反戦超党派デモ企画中です。
詳細は決定次第お知らせします。

pop-minami

こいつらテロリストの仲間だな。間違いない。
そもそも人質殺害事件の首謀者と目されているザルカヴィってイラク人じゃないんですけど。
ロケット砲撃ちこんだのもこの一派かも知れないよねえ。

このサイトはエントリを全部消して、コメントもトラックバックも禁止して逃げの一手を打ってるみたいですけど。
ほんっとに下衆い連中だな。
とりあえずウォッチ対象に追加しとこ。


まあともあれ、13Hzで稼働中! さんとこのこの一言には180Hzくらいで首を縦に振っちゃいますね。

ちなみに本物と偽物を見分ける方法は簡単である。偽物は、目立つ活動をしたがる。本物は、人知れず平和に貢献している。そして、本物は人に主張を押しつけない。

13Hzで稼働中! さんとこにTBしときます。

|

« 猫カード、到着。 | トップページ | 世界にとっては不幸(かも)だが、日本にとってはプチ幸福。 »

コメント

彼らのやっていることは反戦・平和活動を隠れ蓑にした反米活動だからでしょう。
そうでなければ軍事行動的側面がより強いインド洋派遣艦隊をスルーしている意味がわかりません。

投稿: にせ | 2004.11.04 10:58

そうですねえ。
インド洋がスルーされてるのはイラクの方が「目立つ」活動だからでしょうね。
13Hzさんとこの「偽物の定義」が見事にあてはまるのが笑えます。
(笑ってる場合じゃないんだけど)

投稿: ほしよ | 2004.11.04 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/1860999

この記事へのトラックバック一覧です: ハイエナ連中ども:

» 彼の死を悼めない。 [シャカイノマド]
〜お知らせとお願い〜 現在中越地震に苦しむ方への 支援と援助のため 中越地震に関するページのリンク集を 皆さんのブログに張ってもらえるよう お願いしています... [続きを読む]

受信: 2004.11.04 15:02

» 死の格段の厳粛さに気づかぬ者は大バカである。 [BigBan]
ようやく欝な検索用語の波が引いてきた。 ネットにはさまざまな人がいる。 僕のサイ [続きを読む]

受信: 2004.11.11 01:51

« 猫カード、到着。 | トップページ | 世界にとっては不幸(かも)だが、日本にとってはプチ幸福。 »