« 世界にとっては不幸(かも)だが、日本にとってはプチ幸福。 | トップページ | バカ珍走は滅びてしまえ »

2004.11.07

濃霧とバカ

夜中の12時30分に、友人宅に向かって出撃しました。
しかし、外房地域はすごい霧で、千葉東金道路に乗ってからは濃いところだと50メートル先が見えないような濃霧。
そこを人には言えないような速度ですっ飛ばす私。

で、横浜エリアに入ってから。
本牧JCTからみなとみらい出口まで、珍走団に頭押さえられてしまいました。
群馬くんだりからこんなとこまでくんなボケ。つーかマジで撃ち殺したい。

友人宅で冬コミの原稿の話をしたあと、しばらくゲームをやってから帰宅。

帰りはなんか変な走り方するやつばっかりでいらいら。
葛西出口の渋滞が新木場あたりまで影響してさらにいらいら。
おまえらみんな葛西臨海公園とTDRか?
こんな休日に行っても行列しに行くようなもんだぞ。もちっと考えんかい。

どうやら東関道が富里から先霧で通行止になっているらしく、千葉東金道路を走る成田空港行きリムジンバス、というめったに見られないものを見かけることができました。

一般道に降りてからはこれまたたらたら走る車の後ろについてしまいまたいらいら。
なんか今日は精神衛生上よろしくない事態が続く。

家に着いてからはひたすら「夏ノ空」やってました。

……おなかすいたぞ(汗

というわけで、とりとめもなくこの10時間の出来事を書いてみたりなど。

|

« 世界にとっては不幸(かも)だが、日本にとってはプチ幸福。 | トップページ | バカ珍走は滅びてしまえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/1887343

この記事へのトラックバック一覧です: 濃霧とバカ:

« 世界にとっては不幸(かも)だが、日本にとってはプチ幸福。 | トップページ | バカ珍走は滅びてしまえ »