« 結局北朝鮮の工作なのか | トップページ | 安物買いの…… »

2005.02.03

一太郎訴訟:とんちきな社説

YOMIURI ON-LINE / 社説・コラム(2月3日付)

いや、確かに言ってること自体はまっとうなのよ。
しかし、その根拠となる特許が特許と呼べるようなものかどうかが問題なわけで。
今回の特許なんて一般技術なわけで、そもそも特許が通った事自体不思議というか特許庁の審査官がすっぽこぴーの物知らずだったのが不幸の始まりというか。
そんなの根拠にされてもねえ。

ジャストシステムには徹底抗戦でがんばってもらいたいです。
ATOK使ってないけどな。
(だって言葉狩りがひどすぎるんだもんな、ATOK)

【2月4日追記】
着眼点は全然違いますし、斬り込み具合の鋭さは私ごときでは足元どころか山裾にもたどりつきませんが、13Hz!さんとこでもこの社説についてふれられています。
ご参考までに。

|

« 結局北朝鮮の工作なのか | トップページ | 安物買いの…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/2789604

この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎訴訟:とんちきな社説:

» 恥を知れ松下 〜ジャストシステム応援・松下不買運動実施中〜 [日がな一日だらだら日記 〜二号店〜]
 予約しておいた「一太郎2005」の発売前にこんな事が起こるなんて、正直残念です。 松下電器産業は気が付いていないかもしれませんが、今回の松下の暴挙はベンチャー... [続きを読む]

受信: 2005.02.04 00:30

« 結局北朝鮮の工作なのか | トップページ | 安物買いの…… »