« そこは英国。(ブリティッシュヒルズ行ってきました) | トップページ | ごほうび »

2005.04.30

そこはメイドさんの働く風景(ブリティッシュヒルズ・二日目)

ちゅーわけで二日目です。
(こちらも便宜上4月30日のエントリとします)
今回の写真はマイフォトにアップロードしてありますのでぜひご覧下さい。
マイフォト「ブリティッシュヒルズ2005」
初日のレポはこちら→そこは英国。

朝食を食べた後、11時のカルチャースクールまでの間にメイドさん姿の撮影をするべく、陽菜は着替えてローブを羽織った上でマナーハウスにあるフロントに。
正直、許可が降りるとは期待してなかったので、すんごい言いにくそうに
「あのー、ちょっとお願いしたいことがあるんですが、この中で写真を撮らせてもらいたいんですが……この衣装で(と、ローブをめくる)」
ってお願いしてみると、
「あらー、可愛い服ですねー。いいですよーどうぞどうぞー」
と、すんごい気さくにOK出してもらっちゃいました。あまりの簡単さに思いっきり拍子抜け。
(これを書くちょっと前に分かったことですが、既に一週間前に同様の撮影を敢行された方がいらっしゃった模様(→英国メイドさん協会)。今までも結構いたのかなあ)

まあそんなこんなで無事撮影に成功。
無事じゃないのは三脚持ってくの忘れた私の腕前だけ(´・ω・`) & (T_T)
とりあえず何枚かここに貼っときます。他の写真はマイフォトからどうぞ。
メイドさんおそうじ
おそうじ。

廊下でおすましメイドさん
廊下にて。

ないしょの休息メイドさん
ちょっとひと休み。メイド長さんには内緒です。

おもてなしの準備をするメイドさん
ソファのお手入れ。お客様を迎えるために。

撮影を済ませた後はカルチャースクールです。受けたのはカリグラフィ講座。まあ言ってしまえばお習字みたいなもんです。講師はもちろん外国の方で、講義も英語です。けど簡単な英語ばかりなのでだいたいは理解できます。もっとも深くツッコまれるとわからないわけですが……陽菜がネタふられて滝汗かいてたら同じ受講生の人が何聞かれてるのか教えてくれました。もちっと英語使えるようになろうと決心した次第。
90分の講座だったのですがほんとにあっという間に終わってしまいました。
まあ結果としてこゆのが書けるようになるわけですが。
PICT1355

その後で昼食。
今日はティールームでアフタヌーンティーセットです。

いい雰囲気のティールームで


けっこう豪華なティーセットでした。これだけでかなり満腹気味。

再びマナーハウスに戻って、ライブラリでしばらく本を読んでから外に出てみると、
ミニです。

どうやらイベントの打ち合わせをしていたらしく、もう一台コンバーチブルを持ってくるような話をしてます。
やはりこういうところの職員をされてるだけのことはあるのか、話をしている方はすごく欲しそうでした(^^;

「乗っていいよー」と言われて乗り込んでる陽菜の図。

まあそんなこんなで、十二分に堪能したので撤退することにしました。

いや、ほんとすごくいい雰囲気のところでした。もっと近くにあったら頻繁にリピートしてしまいそうなくらい。
撮影も快諾していただいて、スタッフの方にはほんと感謝です。
もしこのエントリを見て撮影しに行こうと思われた方、ぜひちゃんと許可を取ってから撮影して下さい。
そして、この雰囲気を壊すことのないよう、節度を持って撮影をして欲しいです。
我々は二度と明治村での失敗を繰り返してはならないと思いますから。
(あえてリンクしませんが、気になる方は「明治村 コスプレ」あたりでぐぐってみてください)

ところで、この日は昨日の閑散っぷりが嘘のような盛況でした。
昨日は誰もいなかったメインゲート前には係員がいて、その前には日帰り客と思しき人たちの車がいっぱいでした。
ちょっとびっくり。
だけど、雰囲気としては初日くらいの人出が穏やかでいい感じでしたね。

今度はもちっと英語を操れるようになって来ようと思いました(汗)

|

« そこは英国。(ブリティッシュヒルズ行ってきました) | トップページ | ごほうび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/3943696

この記事へのトラックバック一覧です: そこはメイドさんの働く風景(ブリティッシュヒルズ・二日目):

« そこは英国。(ブリティッシュヒルズ行ってきました) | トップページ | ごほうび »