« マビノギ:数字ランクへ | トップページ | だいしっぱい »

2005.05.27

キャッツ:福井マンカス! 正にアニキ!

えーと、「キャッツ」のネタバレが多いので未見の方は読まない事をおすすめします。

さて、期待に期待しまくって行ってきました月一キャッツ。今回はジェリクル・ギャラリーRです。
見慣れたステージのはずなのに、期待のキャストというだけでこんなにどきどきするのかと。
そして開演。

「生まれたのか♪」

……くぅぅぅぅぅっ!
第一声からこの迫力。
立ち姿もダンスもすごい。
これはマキャヴィティとやりあっても勝ててしまいそうだ(笑)
その後も全編しびれっぱなしっすよ。
いやあ、確かに陽菜がいちおしするだけのことはありました。
正に若きリーダー猫。言うなればアニキ!
しばらく続けてくんないかなあ……次(来月24日)見に行くまでくらいは。できれば6000回公演までとか。

さて、他のキャストについて。
今回の不安点だったジェリロとランペですが。
ちゃんと「すぃばいねこ」になってないジェリロ。
鬼太郎おやじになってないランペ。
いやあ、成長してるなあ。もう不安要素じゃないね。安心。
けどまあたまには花代っちと真鍋さんに代わってね。
バブは……頼むからもちっと精進してくれぃ。ほんと。

種井さんのデュトロノミーは初めて聞いたんですが、ほんと「オペラ声」ですね。すごい迫力。デュトロノミーにはいいと思います。

スンラさんのガスは声こそ高いけど「老猫」の演技が真に迫っていて、グロールタイガーとの落差が大きいが故に久々にガスナンバーでぐっときました。
思うに、村さんのグロールタイガーは
「数々の戦いを生き抜いて来た武闘派海賊。しかし年甲斐もなく娘ほどの年齢差の若い小悪魔女に翻弄されて命を落とす男」
なのですが、スンラさんは
「若くして頭角を現した知性派海賊。そんな頭の回る彼でも小悪魔女にはなす術もなく骨抜きにされてしまった」
という感じ。
同様に声が高かったのは渋谷さんですが、渋谷さんはいまいちなんだよなあ……この違いは演技かしらやっぱり。

芝タガーは相変わらず芝タガーでした(^^;
なんつうかこう……エロカワイイおやじタガーって感じ? ほら、たまにいませんか? はたからみるとセクハラにしか見えないのに不思議と女の子に嫌がられないおっさんって。言うなればああいう感じ。登場時の「みゃお」も健在だったし、こやってみるとこのタガーは芝さんがぴったりハマるよなあ、と思いましたよ。連れ去りではしっかり高校生っぽい娘連れ去ってたし(^^;
今回もタガーが締めてくれたんですが、いつも芝タガー締めは笑わせてくれます。
いちおうネタバレフィールド展開→今回はミストのまねしてライトを吹き消そうとして失敗して舞台ばんばん叩いて悔しがった(?)あと、そこに落ちてたリモコンを「ぴ」ってやって消す、といった締めでした。ほんと、いつも楽しい締めをありがとうって感じ。←ここまで。

【追記】
そうそう、ひとつ大事な事を書き忘れてました。
今回、2幕の「メモリー」後の拍手がありませんでした。
ここは好みが別れるとは思うのですが、私はあの場面(グリザが去って行こうとするのをバブが止めるとこの前)では拍手はない方がいいと思っているので、今回はこの点でも大満足でした。
【追記ここまで】

しっかし、今回はギャラリーじゃなくてふつうに正面から見たかったなあ、と思いました。
視点は確かにおもしろいんですが、今回は正統に楽しみたいキャストでしたし。
それでも
「いろいろな生き方の猫をお目にかけよう」
のマンカストラップ視点をそのまま上に持って来たような位置だったので、そういった楽しみ方ができたのは収穫でしたけど。けど……やっぱり今回のキャストは普通にS1あたりで楽しみたかったなあ。

余談その1。
休憩の時にS1下手側後方に学生と思しき制服を着た団体がいました。
終演後、シアター前に停まっていたバスを見たんですが、秋田の中学生だったらしく。
劇団四季コースとか書いてあったところをみると、いくつか選択肢があってグループ単位とかで選べるんだろうなあ。最近の中学生はこういうの修学旅行に組み込んでもらえるんだ……いいなあ、と心から思った次第。
そうそう、昨日見た君達は本当に運がいいと思うよ。あのレアなマンカストラップを目にする事ができたんだから。

余談その2。
帰り際、S2席で親子の会話が耳に入って来ました。
子「あの最後に出て来た変な猫がよかったー」
……(^^;
こんな幼女まで虜にするか、さすがタガー。
けど「変な猫」言うなー(笑)

余談その3。
ジェリクルRですが。
この席、天上に昇ったグリザベラが天上界を歩く音が聞こえます(笑)
タイミング的にまず間違いないと思う(^^;

余談その4。てゆーかおまけ?
電車の中吊り。
DSC00266

|

« マビノギ:数字ランクへ | トップページ | だいしっぱい »

コメント

こんにちは、お知らせありがとうございました。

大変うらやましいです……!
福井マンカスはマイベストマンカス、福井さんの持ち役の中でもダントツに好きです。
緊張を絶やさず、常に毅然として群れへ心を砕く姿勢がリーダーらしくて本当にすてき。
どっしりとした深みのあるお声も圧巻です。

福井さん、芝さん、種井さんの長老幕はすごそうですね……ボリュームが(笑)。

投稿: ryoko | 2005.05.27 22:12

すみません…3回もトラックバックしてしまったのでお手数ですが消しておいてくださいませ…。(阿呆すぎる)
先日はトラックバックありがとうございました。
当ブログ初のトラックバックだったりします。(笑)
レポ楽しく読ませていただきました。
福井さん本当に素敵でしたね~。
キャッツ、今週本当に良かったですね。行けたことに感謝したいです。

投稿: 山田ペロ | 2005.05.27 23:55

おくればせながらコメントどもでした。
「だいしっぱい」エントリでも書きました通り、二度目に挑戦してあえなく失敗しております。
今日もう一回、明日のチケ目指して前日予約に挑戦する予定。
とれるといいなー……たぶん今週で福井さんのマンカス終わりだろうしな……orz

投稿: ほしよ | 2005.06.03 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/4297156

この記事へのトラックバック一覧です: キャッツ:福井マンカス! 正にアニキ!:

» キャッツ好きだと再認識した一日。 [図説イヌゴノミクス]
キャッツ昨日見てきましたっ!って今見たら週末のキャストが変わってる〜。 本当にキャッツのキャスト変更は読めない。 こんなに頻繁に変わっていると心配になります…。 で、昨日ですが出掛ける前に新聞見たら、一般発売の宣伝があって。 まさかこんなに大きい写真が見られ..... [続きを読む]

受信: 2005.05.27 23:38

« マビノギ:数字ランクへ | トップページ | だいしっぱい »