« マビノギ:都市伝説に巡りあう瞬間 | トップページ | 今期アニメ新番組雑感:Part1 »

2005.10.06

あけるり:まっとうなSFファンタジー

あけるり、終わりました。
突拍子もない話もなく、ごくごく普通にまっとうにエンディングを迎えた、という感じ。
以下ネタバレフィールド展開~


まあそんなわけで、ちょっと食い足りないかなという気もするんですが……終了順に個別にいきます。
★フィーナ
まあ初回は強制的にフィーナに行くらしいので(^^;
んー……この話の達哉はほんとへたれだよなあ。
へたれというか子供というか。とにかくお前ちょっと考えて動け、喋れと。
入り婿展開としてはPrincessHolidayのクリフとレティ(まあ厳密にはあれはちょっと違うわけですが)も似たような感じですが、フィーナの方がはるかにしっかりしているので達哉は尻に敷かれること確定、と(笑)
★麻衣
幼い日の約束に縛られて想いを打ち明けられない二人、という展開。
いったんその箍が外れてしまえばもうまっしぐら、という感じですが(笑)
★菜月
これまた約束に縛られた幼馴染。
はにはにの保奈美と違ってちょっと抜けてるあたりが等身大ぽくていい感じです。
SDキャラでわたわたするあたりがお気に入りヽ(≧▽≦)ノ
遠距離は大変だよー?(謎)
あと、このシナリオでの翠の扱いがかわいそうでしかたないです。
まあ間違いなくアルケミ経由でコンシューマに出てくるだろうからそこでの補完に期待。
★さやか
お姉さん。
どうでもいいけど所長室で襲うなよ達哉。ケダモノすぎ。
★ミア
ぱにーに♪
話を進めててある意味いちばんおもしろかったキャラ。立ち絵もちっちゃくなったりぐるぐる目になったりばんざいしたりとバリエーション豊富だし。
話もある意味意表を突かれましたし。フィーナ自ら「残りなさい」と言うとは思ってませんでした。
このシナリオの達哉がいちばんしっかりしてたような気もする。
★リース
んー……確かにやりとりとかおもしろくはあったんだけど、個別のルートを用意するほどだったかなあ、という気がします。「あけるり」シナリオで並行して進めてもよかったんではないかと。その場合はえろ抜きになりますが許容範囲でしょう。ろり万歳の人は困るかも知れんがミアと麻衣あたりでガマンするがよろしかろうて。
けどまあ「ショコラ」における「チロル」シナリオと考えるとそこそこ妥当か。
★夜明け前より瑠璃色な
いわゆるグランド・ルート。
塔=遺跡=月との移動装置、あたりまでは予想がついてたんですが、マスドライバーだとは思ってませんでした。現在考えられているマスドライバーと違って重力制御によるもののようですが、もちっと超科学的なものを出してくると思ってたのでその点は意外。
月に着いてからの展開がフィーナの独擅場で達哉出る幕ありません。
いろいろキメ台詞というかキャッチフレーズが全部ここで片づけられていて、グランド・ルートにふさわしい幕ではあったとは思いますけど。

ネタバレはここまで。
まあ先にも書きましたが、達哉が微妙にへたれ度高いのでちょっとアレなんですが、年相応なのかなあと思えばこれもありなのかなとか曖昧なことを考えてみたり。
で、やはりこれだけSFじみていると他作品とのリンケージを考えたいところではありますが……やっぱり時代的にははにはに・バイナリの後、プリホリの前、という感じなんでしょうか。
年表作ってみたいところですがこのあたりはSu-37さんにお任せしちゃおう(笑)

|

« マビノギ:都市伝説に巡りあう瞬間 | トップページ | 今期アニメ新番組雑感:Part1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/6289125

この記事へのトラックバック一覧です: あけるり:まっとうなSFファンタジー:

« マビノギ:都市伝説に巡りあう瞬間 | トップページ | 今期アニメ新番組雑感:Part1 »