« マビノギ:金の切れ目が縁の切れ目 | トップページ | また冬がやってきます »

2005.11.12

駅からドイツ

D-HAUS、行ってきました。
以前から電車内の広告で知ってて陽菜と行こう行こうと思ってたんですが、デイリーポータルZ(以下DPZ)のこの記事が決め手になりまして。

そんなわけで広尾の駅に降り立ったんですが、階段とこからドイツ色です(このへんはDPZの記事にある写真をばご参照あれ)。
途中オサレなんだけど妙にごたごたした感じの街並を抜けて、ドイツ大使館横にある会場に入ります。
なんつうか、これほんと高校の文化祭という感じです。チケット売り場はちょっと分かりにくい(というか通常の動線上にない)場所だし、もぎりのおねーさんは他の人の案内の片手間にもぎってるからパンフとかくれないし。
まあそんなことはとりあえずおいといて、今回の目的のひとつであるビール証券市場に向かいます。

DPZでも紹介されている通り、ここでは11の銘柄のビールが楽しめるんですが、人気のあるビールは高く、ないビールは安くなる、という仕組みになってます。
さて頼むか……と思ってお値段のディスプレイを見てみると……?
DSC00336
さすがにDPZの取材があったらしい20日と比べても、本日のこぶたさんが行かれたらしい7日と比べても底上げされてます。さすが休日。つーか休日とはいえ昼間っからこんな飲んだくれ山盛りでいいのか日本(←あんたもです)
まあ他の日と比べたってしょうがないのでまずはビール2杯とつまみをオーダーして乾杯です。
DSC00337
シュパーテンうまー!
シュニッツェルうまー!
……いきなり全開です(笑)
とりあえず一人あたま2杯飲んだところでおなかいっぱいになってきたので、一旦引き揚げて他の展示を見て回ります。
しかしまあ……やはり漂う文化祭の雰囲気。
ドイツの生活用品やらなんやらのコーナーはけっこうおもしろかったですが。

そんでもって、次に行ったのが本日の第二目標、マイセンの食器を使ったカフェでお茶です。
ケーキ類とのセットがあるのでそちらをオーダー。
飲み物は……と。
「じゃあアイスティーで」

……オーダーしてからしばらく経って。
私(以下「ほ」) 「……あれ?」
陽菜(以下「ひ」)「ん?」

ほ「そういや、ここってマイセンの食器使ってるんだよねえ?」
ひ「うん」
ほ「冷たい飲み物頼んだら、グラスで出てくるよねえ?」
ひ「うん」
ほ「……マイセンのグラスって、あるの?」
ひ「……あ」
ほ「…………」
ひ「…………」
ほ「バカじゃんうちら?」
ひ「いやいや、ほらケーキのお皿がマイセンだから」
ほ「いや、やっぱバカだろオレ」

しばらくして届いた飲み物は(当たり前ですが)ガラス食器入り。
「はうあー」
な気分で飲んでたんですが、しばらく経ってからコップの手ざわりがちょっと違うことに気づいて向きを変えてみると……
DSC00340
輝くマイセン・ロゴ(笑)
マイセンってグラスも扱ってんのね……と再認識しました。
併設されてるショップでお値段みるといちまんえん

すんません、私が悪うございました(平伏)
札幌マイセン美術館のチケットとかもらったんですが、これは6月末(期限がそれになってました)までに行けってことですかそうですか。

そして、本日二度目のビール証券市場突入です。
昼間と比べて全体的に値が下がってます。
この時も2杯くらい飲んだんですが、最終的には昼間飲んだビールが100円くらい値下がってまして……まさに一喜一憂。頼もうと思ったビールも「960円になったら」とか思ってたら1000円に戻してしまったりでいろいろ大変でしたが、モニターとにらめっこして楽しく飲むことができました。
あと、昼間は値段の確認をしてくれなかったので言えなかった

「構わん、買いだ!」

って台詞も(構わん、は省略してしまいましたが)言えてウェイトレスのおねーさんにウケたのでよしとしましょう(笑)

さすがに2回目の飲み終わり直後は満腹もいいところで、中庭でフットサルやってる人たちを見ながら休憩して会場を後にしました。

……とか言いつつ、帰り道の途中にあった
DSC00344
このお店で焼きたてクロワッサン(なんかこういうタイトルのゲームあったよね……黒歴史っぽいの(^^;)を食べてたりもしたんですが。いや、マジうまかったですよ?

D-HAUSですが、単純にイベント自体は1300円払って見るものかというと決してそんなことはない(要するにいまいち)なんですが、ビールがうまいからすべてよし、といったところですかね?
23日まで開催されてるらしいので、最終日に友人たちとまた来たいかな、とか思ってます。

|

« マビノギ:金の切れ目が縁の切れ目 | トップページ | また冬がやってきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14657/7102864

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からドイツ:

« マビノギ:金の切れ目が縁の切れ目 | トップページ | また冬がやってきます »